トップ

法律を覚える事は

法律は暗記しなくても良い

法律の勉強は暗記重視ではだめ

法律の勉強は、暗記をするポイントももちろんありますが、それだけではいけません。その理由は、思考パターンが重視される学問だからです。具体的な条文があり、事実があって、その事実にどう条文を適用するのかということが基本的な流れです。そのため、間に規範として立つ解釈は覚えなくてはなりませんが、どのように事実を当てはめるのかが実際には重要になります。同じ規範でも当てはめ方次第で結果は変わってくるからです。そして、法律を学ぶ上で上記の思考が身につくのが、裁判所が出した判決文を読むことです。まさに上記の視点に立って、結論が導かれているため、法的思考法が身につきます。

暗記する必要はない理由

法律の勉強をしているとき、よく誤解をしている人がいますが、条文を暗記する必要はありません。もちろん、資格試験を受けるつもりなら必要になる場合もありますが、知識として身に付けるためならば、条文を覚えることよりも、その基本的な考え方を身に付けることのほうが重要です。中学校までの義務教育で、生きていくうえで必要な法律はしっかりと身についているはずです。しかし、義務教育で条文を暗記して、テストに出たということはあまりないと思います。条文よりも、考え方がしっかりと身についていることが重要です。学校で勉強した体験をもとにして、勉強をしていくとよいでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 法律は暗記しなくても良い. All rights reserved.